短時間で肌の水分量を上げる保湿化粧水

category01

化粧水は基本的に保湿作用があります。ほとんどの製品に水やグリセリン、PG(ペンチレングリコール)やBG(ブチレングリコール)を配合していますが、水はベースになるため欠かせません。

グリセリンは水溶性の保湿成分ですが、トウモロコシなどから得られるアルコール類です。

しかし、エタノールや酒と違って、多くの糖質を含み、肌の水分量を上げるのが強みになります。湿潤効果もあるため、極度のドライ肌の人に適した成分です。
PG(ペンチレングリコール)は化学物質になりますが、溶剤や保湿目的で使います。適量を守れば刺激になることは少なく、他の有効成分の吸収率を上げるのはポイントです。

一つ上の化粧水の保湿の最新情報ならこちらを参考にしてください。

BG(ブチレングリコール)も似通った働きかけがあり、一般的な化粧水には、ほとんど配合されている成分になります。
短時間で肌を潤すにはPGとBGは必要です。


それらを加えないと他の植物エキスや分子量が大きいコラーゲンやエラスチンなどの成分を、肌に浸透させにくくなります。



化粧水には水やグリセリンを入れて、浸透率を高めるためにPGとBGを加えるのは基本と言えます。
他には「加水分解(水を使用して分子量を小さくする手段)」というものが化粧水の浸透率を上昇させる要因になります。
コラーゲンやエラスチンは分子量が非常に大きく、PGやBGだけの力では肌に吸収させるのは厳しいでしょう。
しかし、「加水分解」をすると分子量が小さくなり、肌に吸収されやすくなるのが強みです。



人に言いたい化粧水

category02

水溶性の成分は水と混ざるのが普通であり、溶剤やエタノール、保存料を使えば化粧水が作れます。一時期に大ヒットした「コラーゲン」は食べるだけでなく、皮膚に付けてもメリットあると謡われましたが、実際はそうでもない一面があるのは問題です。...

subpage

難しくない化粧水

category02

季節の変わり目や加齢によって肌は変化をしていくものです。ですので、肌のケアで大切になってくるのは自分の肌と向き合っていくことなのです。...

subpage

化粧水の関連情報

category03

果物は普通、食べる物だと思われがちです。しかし、化粧水やクリーム、オールインワンゲルにも使われています。...

subpage

化粧水のおすすめ情報

category04

お肌のお手入れを行う上で保湿はとても重要になってきますので、普段から肌内部から不足しがちな潤いを補給するためにも保湿特化した化粧水を利用してスキンケアを済ませることが重要になります。潤いを補給することが出来る化粧水にはコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などの肌内部に必要な潤い成分がたっぷり配合されている特徴がありますので、空気が乾燥しやすくなる秋から冬の季節は、通常のスキンケアだけでは与えた水分も時間と共に肌から失われやすくなってしまう恐れがありますので保湿化粧水と一緒に保湿クリームを併用して潤いに蓋をするなどお手入れ方法を見直すことが重要になります。...

subpage