果物エキスを幾つか配合した保湿化粧水はメリット有り

果物は普通、食べる物だと思われがちです。
しかし、化粧水やクリーム、オールインワンゲルにも使われています。

話題になっている化粧水の保湿の情報がいっぱい詰まったサイトです。

近年ではハイドロキノンという美白成分が医療以外でも使える機会が増えました。

実はそのハイドロキノンは化学物質ではなく、ナチュラルな成分です。原料はストロベリーやブルーベリーなどから得られる希少価値が高い成分になります。

果物エキスは保湿や美白、アンチエイジングに作用する成分をたくさん含むのが決定的です。

単純にストロベリーエキスだけでも微量のハイドロキノンは含有します。
しかし、他にも糖質やアントシアン、ビタミンCなどを含みますから、ストロベリーエキスを使った方が保湿に期待できるでしょう。



化粧水に配合される機会はありますが、クエン酸(ピーリング成分)も含みますから、特殊な化粧品でない限りは高濃度で添加することはありません。

ブルーベリーにもアントシアニンは含まれています。
しかし、美容に関するとストロベリーの方が適すと言えます。


たくさんのアントシアニンを皮膚に塗布すると刺激の原因となり、痒みや炎症の原因になるのが問題点です。



また、クエン酸もある程度は含むため、化粧水に配合するのもストロベリーエキスの方が適します。


メロンエキスはブルーベリーやストロベリーと比べて刺激は少なく、皮膚を保湿させるのが強みです。「オキシカイン」という特殊な成分を含んでいますが、アンチエイジングにも作用してくれます。それら3つの果実エキスを配合した化粧水は珍しいですが、保湿以外にも作用するでしょう。